読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

TS別府ファンタスティック・ツアーから帰ってきました!

TOKYO SOURCE YUDO

昨日の夕方、TS別府「混浴温泉世界」ツアーから帰ってきました。

連日の最高の温泉と食事とお酒、自然やアートや人と出会い続けた5泊6日。途中、宮崎の聖地、高千穂への1泊2日の「トリップ」旅行も挟んで、聖と俗、過去と未来、アートと自然、深遠な対話と「男子校トーク」を行き来する、常にナチュラル・ハイ、まさにファンタスティックな「大人の修学旅行」でした。あまりの濃密さに2週間近くも旅していたような。そんなわけで、ツアー名も「TS別府"ファンタスティック"ツアー」に変更。

何から書いたらいいかわかりませんが……詳しくは今後、TSウェブサイトでレポートさせて頂くとして、まずは、今回のツアーに参加してくれた(僕のていたらくにもつきあってくれた)みなさん、ありがとうございました&おつかれさまでした!!!! 美術作家の中村ケンゴさん、アーティストの新野圭二郎くんと米田智彦ほか、TSではいつもお世話になってるフォトグラファーのNOJYOと奥様、ARTiTの編集、内田伸一くんと彼女他、TSメンバーたち。 


最高!いちのいで湯

古きよき路地の残る街は歩くだけで楽しい(写真:中村ケンゴ)

絶品!関アジ!

肉の山!!!

高千穂にて太陽が水面に乱反射する「光のプール」に遭遇(写真:中村ケンゴ)

「太陽信仰ってこうして生まれたんだ」を体感!(笑)

そして、別府でお世話になったみなさん、ありがとうございました&今後ともよろしくお願いします!!!! 僕自身、別府へは今年初頭に続いて2回目でしたが、今や完全に「別府LOVE!」「第二の故郷」のように感じています。今後も折りに触れてお邪魔させていただくことになりそうです。

TS公開レクチャーを催してくれたAPUの神田君、高田さん、河上君。魅惑的な写真展とオープニングで最高のマテ貝をごちそうしてくれた写真家の草本利枝さん、ありがとう!

草本利枝さんの写真展オープニングパーティー(写真:中村ケンゴ)

APUでのTSレクチャー/僕自身は散々…すいません(写真:中村ケンゴ)

公開インタビューで3時間以上もお話を聞かせてくださった「混浴温泉世界」総合ディレクターの芹沢高志さん、公開インタビューに未来芸術家の遠藤一郎くん、ありがとうございました(こちらも後日、TSサイトに掲載予定!お楽しみに!)。


芹沢高志さんへの3時間に渡る濃密な公開インタビュー。地域とアートの未来について、混浴温泉世界について、祭国強さんとの仕事について……今後、TSサイトでアップします。

月面からの眺め―21世紀を生きるヒント

月面からの眺め―21世紀を生きるヒント

この惑星を遊動する―インターネット時代にもうひとつの生き方を求めて

この惑星を遊動する―インターネット時代にもうひとつの生き方を求めて

宇宙船地球号操縦マニュアル (ちくま学芸文庫)

宇宙船地球号操縦マニュアル (ちくま学芸文庫)

そして、そもそも別府へいざなってくれた旧友の「混浴温泉世界」総合プロデューサー、山出さん、スタッフの林くん、坂本さん、アベリアさん。

山田別荘」のるみさん、バックパック宿「カオサンはまゆう」の山川さん、そして(実は高千穂帰りでへろへろでしたが)ボーリング大会&懇親会に誘って頂いたNPO法人オンパクの方々。


オンパクのみなさんと。


最終日には、山の中の秘湯、ヘビン湯で僕らをインタビューしてくれたAPUの田中くん、秋山さんら「BEPPU!」のみんな……


まだまだお会いした方々、書ききれませんが、別府でお世話になったみなさん、ありがとうございました&今後ともよろしくお願いします!!!! 遠藤一郎くんの言葉を借りれば、「また必ず、再会する気がします!」。

ちなみに、現代アートフェスティバル「混浴温泉世界」はまだあと一ヶ月くらいやってます。まだ別府未体験の方は、この機会に是非!!!