読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

雑誌『広告』若者特集・ちら見

雑誌『広告』の今回は「若者特集」。新しい世代がもっている価値観を、消費、仕事、働き方、表現などいろんな角度から紹介しています。9月15日発売、全国書店で販売中です。というわけで今回僕が担当した3パート、チラ見せ。

「新世代の表現は、どこへ向かっているのか」アートバトルロワイヤル

近年アートグループという形で活動する人が増えている状況と、それがもつ意味、背景とそこから想像されるアートの新しい地平について、「アートバトルロワイヤル」展を企画した精神科医・アートコレクターの岡田聡さんに取材しました(4P)。岡田さんに話を聞くのは昨年、別府でのアートフェスティバル「混浴温泉世界」のための書籍で芹沢高志さんとの対談をTSでセッティングして以来のこと。ここで出ていた「大きな物語」なき時代のアートについての話が、連載パートでの天明屋尚さんの話と響き合っているのが興味深いです。

「新世代のルーツが一目でわかる!世代別・アーティストマップ」
縄文・弥生的感性を源流とする1950年代以降2010年までのアーティストマップ。絵画・彫刻はもちろん、写真やメディアアート、ネオ書道や生け花まで入ってます。人選については恐らく編者によって千差万別だと思いますが、自分なりに入れ替えたりしながらご覧頂けたら幸いです。生まれ年も一緒に調べていたら、意外な年齢の近さや遅咲きデビューなども見えてきて興味深いです。元BTの編集者、阿部謙一さんに協力頂き、2人で楽しみつつ力を入れてつくった保存版!

「連載:RE:SOURCE その6:天明屋尚

TOKYO SOURCEとの連動によるスペシャルインタビュー第6弾は、「ネオ日本画」を標榜し、絵で戦う「武闘派・画強」を名乗る現代美術家天明屋尚さん。この8月に彼自身のキュレーションにより開催した「BASARA」展をはじめ、彼の発想の源についてじっくり1万字強、聞いています。聞けば聞く程、多様な道が開いて方々へつながっていく…非常に面白い話。充実のカタログとともに是非読んでみてください!

天明屋尚インタビュー完全版→TOKYO SOURCE 059 天明尚