読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

混浴温泉ラウンジ/別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」報告会

今週末、恵比寿NADiffの4Fのバーで開催される別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」の報告会、"混浴温泉ラウンジ"に、TS米田とともにゲストコメンテータとして出演します。

これまでTSでもインタビュー別府ツアーレポ−トなど紹介してきましたが、市民主導型の展覧会「混浴温泉世界」とはどんなものだったのか、その後、どこへ向かおうとしているのか?総合ディレクターの芹沢高志さんと、総合プロデューサーの山出純也さん、「わくわく混浴アパートメント」のアーティストやBEPPU PROJECTのスタッフたちに聞いていく予定です。

ちなみにTSでは今、来年初頭に向けて「混浴本」こと「混浴温泉世界」の書籍制作に編集担当として参加しており、このラウンジもそのための準備の一つ。

そんなわけで、まだまだ終わらない「混浴温泉世界」。今年行けた人も、行けなかった人も是非、遊びに来てください!

........................................................................................................................

別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」報告会/"混浴温泉ラウンジ"

源泉数・湧出量・泉質数ともに国内随一の温泉郷・別府で、2009年4月11日〜6月14日まで行われた別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」が閉幕して早2ヶ月。全国でアートフェスティバルが行われている中、本フェスティバルでは各地で報告会キャラバンを実施いたします。マップを片手に街を巡りながら作品と出会う国際美術展「アートゲート・クルーズ」を核に、「ベップダンス」、「ベップオンガク」、「わくわく混浴アパートメント」など多彩なプログラムが開催されました。

報告会東京バージョンでは、市民主導型のアートフェスティバルがどういったものだったのか、そして今後別府はどう変化しようとしているのか、本フェスティバル総合ディレクター・芹沢高志と総合プロデューサー・山出淳也、「わくわく混浴アパートメント」のアーティストやBEPPU PROJECTのスタッフたちがお話しします。地域におけるアートプロジェクトの可能性を探るひとつのモデルケースとして、「別府」を " 肴 " に恵比寿でビール片手に " 混浴 " トークしましょう!

尚、会場の都合上先着予約順とさせて頂きます。ご予約無しでご来場頂いた場合、入場をお断りする場合もありますのでお早めのご予約をお薦めいたします。

■会場 MAGICROOM???(東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 4F)
http://www.magical-artroom.com/ 03-6408-9255

■日時 8月23日(日)17:00開場 18:00- 20:00 報告会(〜21:00 くらいまで会場は オープン)

■スピーカー
芹沢高志(本フェスティバル総合ディレクター)
山出淳也(本フェスティバル総合プロデューサー)
勝正光*(本フェスティバル「わくわく混浴アパートメント」参加アーティスト ほか*混浴後別府に移住、NPO法人別府PROJECTメンバーとなる)

■ゲストコメンテータ
伊藤悠(magical ARTROOM)
近藤ヒデノリ&米田智彦(TOKYO SOURCE、混浴本編集部)

■主催 別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界 」ディレクターオフィス&広報チーム  共催 BEPPU PROJECT 会場協力 Alternative / Bar MAGICROOM???

■入場無料(ワンドリンクオーダー制) 定員40名 要予約(先着予約順)

■ご予約方法
お名前(ふりがな)と参加人数を明記の上、までご連絡ください
........................................................................................................................