読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

「新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に」小林弘人

BOOKS

エスクァイアSTUDIO VOICEをはじめ不況の中、続々廃刊となっているカルチャー雑誌。アート、カルチャー好きとしては寂しい限りだけど、一方でARTiTは誌面はやめてウェブに特化してさらに充実したサイトを先日リニューアルオープンしたり、STUDIO VOICEも雑誌はなくなったものの、ウェブは存続していて活発にコンテンツを更新し続けているように、不況によるお金の理由だけでなく、ウェブがある中で出版という形が少しずつ変化しているということなのだろう、と思っていたら、それを真っ正面から取り上げてくれた本が出た。

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

雑誌「WIRED」や「サイゾー」などエッジのある雑誌を手がけてきた小林さんによる「新世紀メディア論」。身重な大きな集団よりも小さくて身軽なユニットの優位性や、情報のフローとストック、ウェブ上での様々な新しいビジネスモデルの実例など、大手出版社側にいる旧来人にはかなり痛烈な物言いで、いかに従来の「出版」という概念を捨てて、メディアニュートラルに考えてビジネスモデルを発明できるかを中心に書かれている。

僕らTOKYO SOURCEやこのブログを例にあげるまでもなく、誰でもメディアを作れる時代。そしてウェブの発展により中途半端な紙媒体は存在価値を失ってきつつあるということ。そうしたメディアがウェブに移ってくる中で、ウェブ世界はますます玉石混淆、下克上の世界として、今後もどんどん再編されていくだろう。その中に浮かぶ一艘の小舟としてTSも今後どう舵をとって行くべきか、どうお金を回していくのかヒントは多い。TSメンバーは必読!