読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

MAN ON WIRE

CINEMA

「人生は綱渡りのようなもの」とも言うけど、フィリップ・プティにとってはそれがまさに人生そのもの。今は失われてしまったWTC(ワールドトレードセンター)、ツインタワーの間を1974年に実際に綱渡りしたフィリップ・プティのドキュメンタリー映画「MAN ON WIRE」。ポール・オースターのエッセイで初めて彼の存在を知って以来、ずっとどこか気になっていたのが、今年初頭にメゾンエルメスでの上映を見逃し続け、新宿で再公開中ようやく観ることができた。こういう映画は、見逃すといつ観られるかわからないから貴重だ。

100階以上の高さのビルの間にピンと張られた一本のワイヤー。その上を命綱もなく歩いて渡るという行為が、実際に何枚もの写真を見てもまだ信じられないほど、あまりにも詩的で、象徴的で、美しい。しかも、綱渡りとはいっても彼の場合は、単にA地点からB地点まで渡るだけじゃない。目撃した警察官も「綱渡りというより、綱の上でのダンスだ」と言ってたが、空中で寝たり、ビルの隅で何とか彼を捕まえようとする警察官に近寄ってはくるりと踵を返したり……実に40分以上、7、8往復も綱の上で戯れたとか。常人じゃない。

念入りな計画と準備のもと、WTCの厳しいセキュリティーをくぐり抜けて行われたこの綱渡りは「犯罪」ではあるのだが、誰も傷つけるわけではない。むしろ、重力に縛られたすべての人間に、驚きと、自由の解放感を与えるパフォーマンス。まさにアートそのものだ(実際彼はワイヤーを降りてすぐに捕まったが、その後すぐに釈放された)。

*もっとも映画としては、厳しいセキュリティーをかいくぐって行われたパフォーマンスだけに動画が撮影されておらずに見られなかったのが、まぁしょうがないとはいえ、少し残念。まぁ、スチルだけ残されていることで、かえって隙間を想像で埋める余地が残されている…ともいえるけど。

マン・オン・ワイヤー

マン・オン・ワイヤー