読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

BEPPU PROJECT 山出さん、おめでとう!

BEPPU PROJECTの山出さんが、平成20年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。おめでとうございます!

なんかやたらに長い賞の名前だけど、「演劇,映画,音楽,舞踊,文学,美術,放送,大衆芸能,芸術振興,評論等の10分野において,その年に優れた業績をあげ,新生面を開いた者に,芸術選奨文部科学大臣賞または芸術選奨新人賞を贈る。」ものらしく、他部門の受賞者を見ると、蒼井優(映画)、井上雄彦(メディア芸術)、市川亀治郎(演劇)、椎名林檎(大衆芸能)など蒼々たる面々、の中で山出さんは「芸術振興」部門での受賞。すげぇ。受賞理由は以下のとおり、

「国内外の主要美術館や美術展で作品を発表するアーティストである山出淳也氏は,文化庁在外研修員としてパリに滞在後,故郷・大分に戻り別府市において BEPPU PROJECTというNPOを立ち上げ,芸術による地域振興事業で目覚ましい活躍をしている。特に平成二十年度は,中心市街地活性化協議会の一員として行政や地元経済界,大学やNPOなどと連携し,空き店舗をリノベーションして再利用するPlatform事業で次々と新たな交流空間を生み出し,地域再生のコーディネーターとして多大なる文化力を発揮している。」

『広告』の記事と合わせ、TSでも彼へのロングインタビューを近く掲載予定なので、お楽しみに!

あと、もうひとり、同じ芸術振興部門で[芸術選奨文部科学大臣賞]を受賞した加藤種男氏も個人的にいろんな意味で注目している。加藤種男氏の受賞理由は以下のとおり、

アサヒビール株式会社の企業メセナ活動のリーダーとして「アサヒ・アート・フェスティバル」を企画運営し,全国の市民主導による地域文化振興や,アートNPOの育成に多大な貢献をした。特に,平成二十年の同フェスティバルでは,アートツーリズムという概念を打ち出し,各地のユニークな芸術事業が大きな地域資源であることを提示した。また,財団法人横浜市芸術文化振興財団の専務理事としても辣腕をふるう加藤氏は,平成二十年に「黄金町バザール」の陣頭指揮を執り,芸術による大規模な地域再生事業横浜市の文化芸術創造都市構想に大きな結実をもたらした。」