読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

北京オリンピック開幕の夜

TRAVEL

昨日、オリンピック開幕式!!!覗きに行ってきました。
噂どおりのものすごい厳戒態勢。公安がずらーっと並んで、スタジアムそばにはまったく近づけず、数百メートル離れたところから地元のマンションの敷地に入って遠くにあるパブリックビューイング用モニターを見ながら鑑賞、と思ったらモニターに映るのはなんと録画やらCM……どういうこっちゃ。それにしても、空気がまとわりつくように暑い。そして警戒のため出店も片付けられ、ビールも飲めないのが辛い。。そんな中、しばらく歩いて売店でTVを見て集まる人だかりを発見。後ろでは盛大に花火があがる。ダダダダ!!!!! サイコッキョウ、すげえ!…と、その数十秒後にようやくテレビに映る。「ライブでやります」と言っていたらしいけど、実際はやはりタイムラグをつくってた中国政府。油断できません。

それにしても、街中はあまりの厳戒態勢で店などもかなりクローズさせられ、屋台ももちろん皆無、セキュリティーのためにサービスをないがしろにしすぎだよー、という感じ。そんな中、四川風劇辛料理を食べ、なんとかタクシーを拾って帰った僕ら一行でした。今朝起きると早速お尻が痛い、、、笑

当日、スタジアムそばのこんなところにいました。すごい人ごみ。

真上でうち上がった花火。映像を見ると、こんな花火が街中で次々に上がったらしい。

会場そばの街頭テレビに見入る人々。

土産物屋で買った巨大パイプを手に急遽結成した「日本パイプクラブ」(笑)。左から明石くん、Earth walker 中渓さん、僕、エチオピアから駆けつけた鉄平くん。

PS;それにしても北京オリンピックの開幕式の映像、実はその前に行ったリハーサル時の花火映像と合成によるものだったらしい。先日からこっちのジャーナリストの間で「当日は曇りだったのに映像がクリアすぎる」と噂になってたのを、政府が認めたとか。何とも中国らしい話。(5/14)