読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

健康/不健康

SMOKING BOOKS

哲学者の内田樹さんのブログを見ていたら「健康って何?」という記事を発見。

内田さんは、毎日新聞に掲載されていた記事
ーアメリカのロゼトという街で心臓病による死亡率が周囲の街の半分以下だったが、調査をしてもその周辺の街の住民とのさしたる違いは見つからず、調査団はその理由を「住民の連帯感が強い」ということ以外に見いだせなかったことー
をもとにその身近な例として、「健康法の唱道者は早死にする」ということを挙げている。健康法の唱道者は、自分と同じような健康法を採用しない人を愚鈍に思い、「生活習慣の乱れに対する辛辣な批判と、おのれの実践している健康法に対する原理主義的確信は、彼らをしだいに社会的孤立へ追いやる」ので、結果的に健康法の唱道者の方が、早死にしたりするというわけ。「ロゼトの事例が教えてくれるのは、たとえジャンクフードを食い、煙草を吸い、酒を飲んでも、「周囲からの支援と尊敬」のうちにいれば、人間はあまり病気にならないということである。」

健康食、禁煙、禁酒と「健康」をヒステリックに遂行しようとするよりも、ある程度、不健康なところがあったりいい加減でも、周囲に愛されるような人の方が、結果的には健康であるという皮肉。「人間はそれほどまでに社会的な生物なのである。」

身体を通して時代を読む 身体を通して時代を読む
甲野 善紀、内田 樹 他 (2006/06/06)
バジリコ
この商品の詳細を見る

実は最近、内田氏と武術家の甲野氏の対談集を読んで、前々から気になっていた合気道を今週末から始めることにした。数年前から時々「適度な」運動をと泳いだりしながら、スポーツクラブという場(なんだか合理的/アメリカ的)に違和感を感じつづけていて、どうせやるならずっと続けられれそうな武道をと思っていた。NYにいた頃も合気道に通おうかと見学に行ったりもしていたんだけど(お金がなくて出来なかった)、やっと始められるので楽しみ、楽しみ。