読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYODO HOUSE -Art of Living 近藤ヒデノリのブログ

クリエイティブディレクター\編集者\ソーシャルアクティビスト 近藤ヒデノリのブログ

杉本博司さん、インタビュー!

今日午後、TSと雑誌連載の連動企画の第二弾で、杉本博司さんにインタビューしてきました。杉本さんは、数年前の森美術館での個展をきっかけに、BRUTUSなどの雑誌で丸々特集されたり、先週からは金沢21世紀美術館から巡回した「歴史の歴史」展が大阪・国立…

日比野克彦 x 速水了@朝カル

ART

土曜日、三重県の平野さんのお招きで、新宿の朝日カルチャーセンターでの日比野克彦さんと林業家・速水亭さんの対談「ヒノキで遊ぶ」へ。この日のトークは、ダンボールを使った作品や、朝顔プロジェクトで知られる日々野克彦さんによる最近の檜を使ったアー…

池上さん、紀信さん、

花見に浮かれてた気分が、今週からなんだか一気にいろいろ動き出したような感じで、もろもろ仕事の取材や、出演のお願いなど、いろんな人に会いに行く。水曜には、次号「広告」の件で、駒場の東大で池上高志さんにお話を伺いに行く。初めて足を踏み入れた東…

TSと一緒に、別府「混浴温泉世界」ツアーin GW

TSが旅行代理店化?!ここでも何度か紹介している別府でいよいよ今週末から始まる現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」ですが、GWにTSでツアーを組んで、TSメンバーやカメラマン、アーティストの仲間とみんなでわいわい行きたいなと計画中。基本はGW…

おじいちゃん。おばあちゃん。

ART

週末、とある仕事で撮影をお願いしているカメラマンの木寺紀雄さんに発売されたばかりの写真集をいただく。タイトルどおり(ロケなどの合間に)様々な国で見かけた/出会ったおじいちゃん、おばあちゃんを撮影したもの。1枚きりでなく、4コマ漫画風に?彼…

資料研究:日本のルーツ、その他

ART

もろもろ仕事の資料探し中。歴史の歴史作者: 杉本博司出版社/メーカー: 六耀社発売日: 2004/08メディア: ハードカバー クリック: 5回この商品を含むブログ (13件) を見る実際にはこの本ではなく、各地を巡回中の展示の分厚いカタログを購入。ゲルハルト・リ…

田中功起「言葉にする」

ART

アーティストの田中功起くんから最近のビエンナーレなどでの活動の様子とともに、新しいプロジェクト「言葉にする」が送られて来た。自分が今、話したい人と日本語で真摯に会話を行い、その肉声をポッドキャスティングで配信していくというもの。第一弾はア…

横トリ(後半)田中泯「ただの一例です」

ART

以前にもここに書いたけど、2回に分けて行った横浜トリエンナーレ、先週末にメイン会場の新港ピアと赤レンガ倉庫へ行って来た。何より印象に残ったのは舞踏家、田中泯のパフォーマンスでした。タイの作家、リクリット・ティラバーニャのつくった作品(舞台)…

雑誌『広告』日本文化デザイン会議30回記念特集号に記事を書きました。

ART

今号から編集長が永井一史さんに変わり、編集部員として参加することになった雑誌『広告』で、「アートって、なぜ必要なの?」と題した現代アートに関する記事を構成しました。内容は、アーティストの日比野克彦氏をモデレーターに、逢坂恵理子さん (森美術…

横トリ(少し)+「THE ECHO」展@ZAIM(横浜)

ART

ずっとブログアップしてなかったので、ちょっと前の週末に行った横浜での2つのアート展についての備忘録。当日は仕事もあって遅くなったので、横浜トリエンナーレはバンクアート会場だけ(全体の1/3くらい)見て、ZAIMで行われた「裏」横トリ的なグルー…

茂木健一郎 X フクヘン

代々木八幡で行われていたBRUTUSの副編集長、鈴木さんの<フクヘン。展>へ。予約で一杯だったトークショーは諦めていたけど、会場でSmilesの遠山さんに遭遇し、茂木さんにも再会。茂木さんにTS本の帯への言葉のお礼をしつつ、打ち上げに合流させて頂いた。 …

いいメンバー+モチベーション=いい仕事

ART

夏前ぐらいから動き出したプロジェクトで、有志で集まった大の大人8人で、このところずっと毎週土曜にみっちり打ち合せしている(といっても僕は北京に行って抜けてたけど)。そんなわけで、今週も夜遅くまで明日のプレゼンに向けた最終打ち合せ。いいメン…

宮原夢画 x 諏訪綾子「味身」@POINT

ART

金曜日、夜から恵比寿ポイントのオープニングパーティへ「味見」に。会場にもいらしてたsmilesの遠山さんやら、いろんな人のボディーパーツに諏訪さんのあしらったフードが載せられた、奇妙に美しくグロテスクな写真の数々。 登場2回目。POINTのディレクタ…

北京アートシーンがすごいことになっている!ーその2

続いて日本でもかなり有名になっている798。 まずはNYにも広大なスペースをもつペースギャラリー北京。 そのすぐ向かいにもこんなスペースがギャラリーになろうとしてます。 ↓この界隈で中心的存在の欧米のコレクターが開いたギャラリーというより、もは…

北京→上海 呪われた?14時間

北京から上海へ、本来なら3、4時間で着くはずの珍道中。 早朝、7時にタクシーにのって数分後、タクシーがガス欠。別のタクシーに乗り換えて飛行場へ向かうが、ターミナルが違うことが判明。シャトルバスで20分かけて別ターミナルへ。ようやくカウンター…

北京アートシーンがすごいことになっている!ーその1

噂には聞いてたけど、実際に行って見て、その規模のすごさに驚きました。それなりにいろんな国のアートシーンを見てきたけど、北京、かなりすごいことになっています。まずは、有名な「798」アート地区の前に、その周囲の広大な地域に点在するギャラリー…

ロンドン、テートモダン、たばこ

ART

振り返り日記のつづき。カンヌのあと、CM撮影でロンドンへ。撮影の合間に行ったテートモダンの外壁に巨大なグラフィティーアートが。以前に5年前くらいにここに来た時には、オラファーエリアソンの太陽の展示に圧倒されたけど、やっぱりここはすごい! よく…

The House-現代アートの住み心地:X棟『多面ミラー』

ART

TSでインタビューした新野圭二郎、土屋貴哉、森田浩彰らが参加するグループ展のお知らせです。新野圭二郎、土屋貴哉の共同キュレーションによる、六本木そばの住宅展示場を使った美術展。美術館やギャラリーでない場所でのアート展といえば、最近ではホテル…

十和田市現代美術館オープン!「オノ・ヨーコ/入口」

ART

GWその3。忍路から中渓さんの家で知り合った「アシ舟作り」の名人、ジンさんの車に同乗させてもらい、フェリ−で津軽海峡を越えて一気に青森へ。山内丸山遺跡を見て浅虫温泉で一泊。翌日にこのGWにオープンしたばかりの十和田市現代美術館へ。金沢美術館と同…

気持ちいい…M.HASUI「PEACE LAND」

ART

M.HASUI「PEACE LAND」2002-2007台湾から帰ってもプレゼン続きで「助けてくれー」状態から、やっと一息。早めに仕事を終えて、帰りに青山スパイラルで始まったM.HASUIさんの個展「PEACE LAND」のオープニングに寄る。水平線にピタッと合わせて、パノラマ写真…

アートフェア東京〜4カ所、現代アートはしご!

ART

土曜の昼過ぎから妻とTSの米田と共に「アートフェア東京2008」→新丸ビルアートハウス→「101TOKYO」→清澄白河での合同オープニングと、夜遅くまでアートはしご&無料酒でまたも飲んだくれ・・・。 国際フォーラムで開催されていた「アートフェア東京20…

服部公太郎個展→GAIA SYMPHONY 地球交響曲 第6番

会社で今月から同じチームになった後輩、服部公太郎の個展最終日@ガーディアンガーデンへ。しわくちゃになった紙くずが、よく見るとその折れ目にカラフルな線の縁取りがしてある、見たことありそうで見たことのない作品。そして去年見た作品よりも、全体に…

アートフェア東京2008前夜祭→銀座Stock

ART

HPの坂口真生くんの誘いで、東京国際フォーラムで4/4から始まるアートフェア東京2008の前夜祭パーティへ。実は、今日が内覧会だと勘違いして行ったのだけど(内覧会は明日からでした・笑)、TSの米田と一緒に行くと早速、後藤繁雄さんに遭遇。TSの出版に…

レントゲンオープニング→マンダリンのバー

ART

仕事を終えて、神田界隈に移転したレントゲンヴェルケ(ギャラリー)のオープニングパーティへ。思ったよりこじんまりとしたスペースでしたが、なかなか居心地のいいスペースに、ダイヤモンドをモチーフにしたペインティング作品が並ぶ。会場で誰かに聞いた…

TABTALKS#1フクヘン/鈴木芳雄「アートの編集」

ART

Tokyo Art Beat(TAB)主催のTABTALKS第一弾、BRUTUS副編集長の鈴木芳雄さんのトークイベントに行ってきた。鈴木さんのブログ「フクヘン」はよく覗かせて頂いてるのだが、そんなコアなファンはけっこう多いらしく、会場の5TANDA SONICは外国人も相当多く、立…

高田洋三個展「箱の島」トークショーやります

ART

友人であり、以前にTSでもインタビューした写真家の高田洋三の個展が昨日から始まったので早速行ってきた。今回は彼の今までのシリーズとは違い、自分のルーツを辿り、祖父母の時代からの歴史を写真によって再構築するような個展になっている。会場では、祖…

UBSコレクション「アートは心のためにある」

ART

森美術館で開催中の展覧会「アートは心のためにある」に行ってきた。銀行であるUBSの現代アートのコレクション作品の展示。メインで使用されている絵は相当集客減に貢献している気もするが、アートの本質を端的に言い表したタイトル、ベッヒャー系の写真など…

『STILL/ALIVE』→聖地レクチャー→恵比寿

ART

こうしてブログを時々書き続けているのも「僕はここで、生きてますよー」という意思表示の面もあるけど、そんなタイトルで東京都写真美術館で始まった写真/映像のグループ展、「STILL/ALIVE」のオープニングパーティへ行ってきた。TSでもとりあげた田中功…

嗅覚と聴覚のアーティスト

ART

先日、アーティストの新野圭二郎や、編集者の安田洋平カップル、大阪芸大で臨床哲学などを教えてるというテツくんらとの忘年会で面白いアーティストに会った。匂いや音での表現を10年以上やり続けていているというコロンビア人アーティストのオズワルド・…

線の引き方で、世界は変わる。織咲誠

ART

飲み屋で「何か一緒にしたいね」と話して、それが現実になるのはそんなに多くはないけど、以前、六本木のSUPER DELUXで偶然お会いした織咲誠さんから約一年ぶりに突然電話を頂き、彼の参加する埼玉県立近代美術館での展示映像を作る事になった。彼に初め会っ…

小野寺さん、アントワーヌ・ダガタ

ART

金曜日、仕事を終えて、ずっと以前にお世話になって最近急に亡くなられた演出家の小野寺さんを偲ぶ会に出るため銀座へ。12年ぶりに写真で再会することになってしまった小野寺さんは、相変わらず大らかでかっこ良かった。その後、表参道のギャラリー「RATHO…

男は丸三日間、穴に入り続けることを決意する。

ART

東京で22日から開催中のCET07に参加しているアーティスト、新野圭二郎からつぎつぎメールがくる。「男は丸三日間、穴に入り続ける事を決意する」という彼の新作アクションのリアルタイムドキュメント。さっき来たメールによれば今朝の朝日新聞、東京新聞朝…

「SPACE FOR YOUR FUTURE」@東京都現代美術館

ART

タイに来る直前に見に行きました。都現美で始まったばかりの(簡単に言うと)建築xアートxファションxデザインの現在から未来を覗き見るような企画展、「SPACE FOR YOUR FUTURE」。生命的、有機的、流動性、柔軟性、軽さ…そんなキーワードが思い浮かぶー最近…

六本木クロッシングー未来への脈動@森美術館

ART

昨晩、先日始まったばかりの展示「六本木クロッシング」を見に行ってきました。平日夜の10時までやってるのはうれしい。恵比寿の写真美術館や東京都現代美術館も(遠いんだし)夕方以降にも見られるようにしてくれると、働いてる人も見に行きやすくていい…

バイリンガルで書かれているということ

ART

夜遅くには、ひとりで西麻布SUPER DELUXで開かれていた「Tokyo Art Beat」の3周年パーティへ。このサイトがバイリンガルということもあるけど想像以上の外国人の多さにびっくり。ほぼ満員の会場で7割くらいは外国人だったような。そんな中で、建築家の長岡…

エレホン、土屋貴哉、中渓宏一

ART

アートの秋。いろんな場所でいろんなイベントが目白押しです。 クサナギシンペイ「告解」2007 キャンバスにアクリル、162 x 130.3 cm金曜は仕事の後、本の表紙絵でも触れた飲み友達シンペイくんの個展「エレホン」へ。「エレホン」とは「Nowhere(どこでもな…

 作品と、作品を語る言葉。

ART

昨日は銀座で冨井大裕の個展のレセプションパーティへ。TSでインタビューして以来すでに半年で2回目の展示、もう一カ所でも同時開催中と精力的。個人的には、今回はこの壁の作品の他、色鉛筆とアクリル版を積み上げてつくったモニュメントのような作品が美…

 IMAGINE PEACE

ART

先日、TSの新メンバーの坂口くんがわざわざ北海道へ行ってインタビューしてきたアースウォーカーの中渓宏一さんのブログで、オノ・ヨーコの新作「IMAGINE PEACE」のことを知りました。(ちなみに中渓さんは日本をはじめ世界を歩いて旅しながら木を植えている…

「アトミック・サンシャインの中へ」

ART

昨日、NYでキュレーターをしている知人の渡辺真也さんからメールをもらった。 来年初頭、NYで憲法第九条をテーマにした現代美術展「アトミックサンシャインの中へー日本国憲法第九条下における戦後美術」を開催しようとしており、その後の日本への巡回展示の…

ドイツ現代アートトリップ

ART

先日、初めてドイツで今行われている2つの国際的現代アート展と、現代ドイツ写真の聖地とも言えるデュッセルドルフへ行ってきました。 カッセルで5年に一回開催され、ベネチアビエンナーレと並んで世界で最も影響力を持つといわれている「ドクメンタ12」…

「ボイスから始まる」

もう一冊、しばらく前から気になっていたヨーゼフ・ボイスの本を読了。以前にヨーロッパの美術館を回ったとき、どこへ行っても彼のなんだか重苦しいフェルトやら蜂蜜やらのインスタレーションに出くわして、正直あんまり好きな方ではなかったんだけど、よう…

「笑い展」@森ミュージアム

ART

個人的にヒットは会田誠さんの「ビン・ラディンと名乗る男からのビデオレター」。 かなり笑えました。ここでも順路の最後に展示していた田中功起、クールにもり美術館に大量の銀色のたらいをぶちまけていました。 埴輪や日本画などに見られる笑いも見応えあ…

「Micropop」@水戸芸術館

ART

NADiffでキュレーターの松井みどりさんからGW中で展示が終わることを聞いて慌てて、作家の新野くんと土屋くん、妻で向かうと、中庭でひとりで現れた写真家の高田洋三にばったり会ってそのまま合流。なんだか最近よくあるような偶然。この展示は、ここ10年…

TANAKA KOKI WORKS 1997-2007

ART

TSでインタビューして一時はルームメートだった田中君の作品集が発売され、先週末、NAddifで行われた発売記念のトークイベントへ行ってきました。今年に入って新国立美術館、森美術館、水戸芸術館と立続けに展示していて、「どこへ行っても田中くんの作品が…

ダンス、KANDADA

ART

週末に、まずは会社の後輩のダンスユニット、DAZZLEの公演へ。ダンスの公演を見るのは、元カノがダンサーだったので昔はよく行ったけど、かなり久しぶり。プロジェクター映像を使って字幕でストーリーを語る構成は新鮮だったのと、男だらけのダンスは迫力あ…

SHOW CASE あと一日!

今週の金、土と、横浜(スタジアムそば)で開催されている「SHOW CASE」に参加してますが、これが予想以上に面白い!2Fでの日本全国から集結したアート団体の紹介ブースの他、1F、3Fでは展示やパフォーマンスなども盛りだくさん。いやー、みんな各地でいろ…

制御された偶然性

ART

去年、TSで行った展覧会「フラットな世界以降の新しい美術の流れ」でもキーワードのひとつに「偶然性」というのを入れていたり、僕自身の個展「FREE CAMEL」では本物のラクダをギャラリ−に呼んでみたりと、最近、制御された中に生まれる偶然性とか不確定性、…

「20世紀美術探検」@国立新美術館

ART

去年にひきつづき、年初に自分のPowerBookがクラッシュ。ふつうに使っていたら突然ぷちっと切れて、気づけば金属の焦げたにおいと煙が出ていた…。とりあえず今、データレスキューに出しているところだけど、一台PCがクラッシュしたくらいで、これだけ暗澹た…

ビル・ヴィオラ「はつゆめ」

ART

昨日、森美術館で終了間近だったビル・ヴィオラの個展に行ってきた。彼の作品は以前にもいくつか見たことがあって、それほど好きなわけではないけれど、一応はビデオアートではビッグネーム、一応は代表作を一挙に見る機会として行って来た。会場では休日の…

広告とアートの間で

気分転換にページデザインなど変えてみました。 同じ白ベースなのであんまり変ってないけど、文字も少し大きくなったので(悪文だけど)少し読みやすくなったような。 また、以前に適当につけたタイトルはずっとわかりにくいと思っていたのだが、愛着も出て…